モノの持ち方・手放すこと

クローゼットが片付かない!服を減らすコツは?

2020年4月15日

だんだん暖かくなっていたので、衣替えもかねてクローゼットの整理をしている方も多いと思います。

クローゼットがパンパンで、なかなか片付けられない!
服を減らそうと思っているのに、なかなか捨てられない!

そんな方にお伝えしたいことを私なりに書いてみます。

 

服が多い、捨てられないのはなぜ?

服が多い、捨てられない原因は大きく2つあるのかな、と思います。

1つ目は、

・高かったから
・まだ着れるので捨てるのはもったいない

という、①モノに対する執着心、もったいない病、があると思います。

これは「たくさん着る」ということである程度解決するのではないかなと思います。

例えば、1万円の服を1回しか着ていなかたら、着ていないと分かっていても手放すのはもったいないですよね。

でも1万円の服を10回、20回と着たら、十分お役を果たしたと思いませんか?

これからはそういう服を選ぶということです。

 

2つ目に、

・「着たいものがない」という不安から買ってしまう、捨てられない
・自分のコーディネートに自信がない
・いつも同じ服ばかり着ていると思われそう

など②ファッションに対する不安からくるもの。

自分のファッションセンスに不安があって服を買ってしまうという人は、ファッションについて研究したり、プロにアドバイスをもらったりするのも一つの方法じゃないかな、と思います。

私も整理収納を学んで服を減らすことには成功したけど、「何を着ても素敵に見えない」「何を買えばいいか分からない」ということがあり、骨格スタイルアドバイザーの友人に骨格診断や買い物同行をしてもらいました。

おかげで自分の「好き」や「似合う」がだいぶ分かるようになり、服選びに失敗することもなくなったし、少ない服でも不安になることなく、「少ない服をたくさん着て、次欲しいものができたら手放す」ということができるようになりました。

 

 

あなたはどうなりたいですか?

原因がある程度分かるようになったら、その原因を踏まえて「自分はどうなりたいか?」を考えてみてください。

・プチプラでその時その時のおしゃれを楽しみたい
・少ない服でもおしゃれに見えるようになりたい
・いろんな服を着たい
・上質なものを着たい
・失敗しない服選びができるようになりたい
・毎日の服選びで迷わないようにしたい
・スッキリしたクローゼットにしたい

などなど。

そこが見えてくると、どのくらいの服があればいいのか、これからどんな服選びをすればいいのか、分かると思います。

 

服の整理はどこから始める?

では実際に、服の整理(残す/手放す)をしようとするときは、ぜひ前シーズンの服からやってみてください。

例えば、今は4月なので冬服からです。

着たか着なかったか?なぜ着なかったのか?という事実とその理由が記憶に残っているからです。

 

2つの指標で考える

服に限らずモノの整理をするときは、「好き/好きじゃない」「使っている/使っていない」の2つの指標で考えてみると良いと思います。

服の場合は「着ている/着ていない(着た/着なかった)」ですね。

 

そうすると、「好きじゃないし着てない」ものは手放し対象です。今後はこれがゼロになるようにしていきましょう。

「好きだし、たくさん着ている」というものを、自分が必要な数だけ持てるようにしていけばよいと思います。

 

「着ているけど好きじゃない」ものは、デザインは気に入っていないけど着心地がラクとか、なんだかんだで使えるなどの理由で着ているのだと思います。

そういうものは、好きなデザインのものを見つけて買い替え(アップデート)できるといいですよね。

 

また、「好きだけど着ていない」というものは、デザインは好きだけど似合わない気がする、自分の生活スタイルに合わない、着心地がイマイチとかそんな理由でしょうか。

好きなら手放すのはもったいないですよね。使えるシーンがないか、似合うコーディネートがないかなど考えてみるといいと思います。

どうしても今の自分の体型や生活スタイルに合わないのであれば、今後も着ることは当分ないでしょう。

一度手放して、今の自分に適したものに買い替えしていく方が良いのではないのかなと思います。

 

私の場合は、上質なものを着たい、毎日の服選びで迷わないようにしたい、スッキリしたクローゼットにしたい、という思いが強いです。

上質って、高級ブランドとかではないですよ。

ファストファッションを好んで見ていた時期もありましたが、安いから安易に買って失敗する、すぐ飽きる、ということが続いたので、ちょっといいものを選ぶ方が私には合っているようです。

 

洋服を減らすメリットについては、「衣替え不要のクローゼットにするには?」でも書いています。

 

ただ減らす、片付けるだけでなく、片付けた後の生活を楽しめるように、あなたはどうしたいか?どうなりたいのか?をぜひ考えて、スッキリしたクローゼットも手に入れて下さいね。

  • この記事を書いた人

あらいゆきこ

整理収納アドバイザー/住宅収納スペシャリスト。 間取りとお客様の性格やニーズから、お家まるごと改善を提案する「間取りから片付く仕組みを作る」メソッドが好評を得ている。 新居の収納計画『新居のトリセツ』作成や、新築間取り収納相談なども行っており、相談実績は、200件を超える。

-モノの持ち方・手放すこと

© 2021 整理収納アドバイザーあらいゆきこ