間取りに強い整理収納アドバイザー・住宅収納スペシャリストの新井友紀子です。

学生時代に建築を学んだこと、家探しや引越しなどの経験から、間取り図からすぐに空間をイメージすることができ、そのお家の良い点や使いにくい点を把握した上でのお片付けサポートを得意としています。

得意を活かし、お客様のライフスタイルや理想に合わせて
・使いにくい間取りや収納にとらわれない、生活動線に合った収納提案
・片付けやすく家事がラクになるお家にするための新築間取りアドバイス
・荷造り荷解きがスムーズにでき、きれいが続く、お引越し前の収納計画

を行っています。

 

夫、小学校1年生と年少の娘の四人家族で、ごく普通の建売住宅に住んでいます。

マイホーム購入前の我が家は、片付けられない夫と幼稚園入ったばかりの長女。
ところ構わず大暴れして手のかかる次女。
平日は夫の帰りも遅く、2度の夕食準備とワンオペ育児。
休日は私だけ育児家事に振り回され、家族はゴロゴロ。

働いているお母さんに比べたら、家のことをする時間はあるはずなのに、全然余裕がない。
家族にイライラをぶつけて、自己嫌悪に陥っていました。

 

2016年、建売住宅購入がきっかけで、収納のことを独学で勉強し始めました。

夜な夜な間取り図と収納本を眺め、メジャーやカメラを持って何度も新居に足を運び、寝る時間を惜しんで収納計画を練りました。
「家事がうまく流れる家具の配置や収納方法」、「夫や子供の性格や行動を考えて、少しでも片付けてくれる仕組みづくり」
つまり「生活動線やライフスタイルに合わせた収納」
これが私の出発点でした。

 

ちょうど引越しが落ち着いた頃、「整理収納アドバイザー」という資格を知り、受講してみて、「自分の目指す考えは、整理収納そのものだったんだ!」と、まるで運命の人にでも出会ったような瞬間でした。

整理収納の理論に基づいてさらにお家を整えていくと、家事がグッとラクになり、夫や子供たちも細かく口出ししなくとも片付けができるようになっていきました。

そして、時間と気持ちに余裕が生まれ、幸福感・自己肯定感が増し、自分の暮らしの質まで上がっていくような気がしたのです。

住まいと心は、つながっています。

 

お片付けが苦手な方にもそのことを感じていただきたいと、2017年5月からお片付けサポートや自宅やカフェでの少人数セミナーなどを開始しました。

実際にお客様のお家で片付けサポートを始めてすぐに、片付けが苦手という「人の問題」だけでなく、「使いにくい間取りや収納」に悩まされているお客様がたくさんいることに気づきました。
学生時代から住宅建築への関心が高かったからだと思います。

学生時代の知識を活かしながら、主婦、2児の母、整理収納の知識と経験を上乗せして、使いにくい間取りでも「我が家仕様の使いやすい家」になるよう、お一人お一人の理想の住まいを叶えるマイホームをプロデュースいたします。

 

お客様からは、明るくなんでも聞きやすい、テキパキしていて背中を押してもらえる、頼りになる、裏表がない、初対面な感じがしない、などとよく言われます。

楽しくお話しながら、一緒に暮らしを整えましょう。

 

<保有資格>
住宅収納スペシャリスト
整理収納アドバイザー1級
福祉住環境コーディネーター2級

住宅設計やインテリアに興味があり、大学では建築学を学んでいました。
不動産勤務経験あり、宅地建物取引士(当時は宅地建物取引主任者)試験合格。

 

<サービス実績>2019年2月時点
・個人宅の整理収納サポート 264時間
・自主開催セミナー 9回
・講演実績 2018年10月22日染地小学校様、 2018年10月29日はろーマミー様
・2018年12月より「住まい・暮らし情報のLIMIA」にインフルエンサーとして記事執筆中