お片付けのコツ・ススメ モノの持ち方・手放すこと 子供の片付け

言葉の魔法で大量のおもちゃを減らすことができました

2020年5月21日

「いる?」「いらない?」って聞くと「いる!」って言われておもちゃが減らない。
よく聞くお話です。

 

先日子供たちにおもちゃの見直しをしてもらった時の方法がよかったのか、過去最大量の細々したおもちゃを手放すことができたので、そのことを書きたいと思います。

 

我が家には小3と年長の娘がいます。

今年のお正月にニンテンドースイッチを購入したこともあって、おもちゃで遊ぶ時間が減ってきたんです。

出すおもちゃも限られてきているし、コロナの影響で休校・休園で時間はたくさんあるのでそろそろ見直しをさせよう!と思い立ちました。

 

「いるものってどういう物?」「いらないものってどういう物?」具体的にイメージする言葉で

長女は小さい頃から「いる・いらないやってね~」だけでサクサク判断できる子だったので特に工夫もいらないのですが、次女は「これは〇〇だから~いる!」と言っていつも少ししか減らせません。

今回は母としては正直「どうせ遊んでないんだから、ガッツリ減らしてもらいたい」と思っていたので、ちょっと考えました。

「いるものってどんな物?好きなもの、よく遊んでいるものとか?」
「いらないものは?使ってないものでしょ?あと何かない?」

など質問して、「かわいくない」「ボロボロ」「壊れている」などの言葉を引き出しました。

 

「使ってなくても捨てたくないものもある~」と次女が言い出したので、「じゃあ使ってなくても大切なものは『いる』にすればいいよね?」と話し合い、「たいせつ」という言葉をつけ足してみたり。

「いる・いらない」以外の、本人たちがピンとくるキーワードを一緒に考えました。

 

仕分けの判断は子供たちに

長女のリードの下、仕分けが始まりました。

私はたまに「それならまた作れるしね」「それ短くてやりにくいって言ってたもんね」など、後押しする言葉をかけることはありますが、
「それいらないんじゃない?」「それは買ったばかりだからまだいるよね」など、私が判断するようなことは言わないようにしています。

 

長女が自分の要らないものは次女に捨てさせようとするので(笑)、「二人のうちどちらかが『いる』と言ったら残すようにしてね」と注意しました。

 

折り紙で作ったもの、アクアビーズで作ったものなどの細かいものも、1つ1つ見直しです。

 

満タンだったハッピーセットのカゴが半分以下に!!

これまでの見直しでは1~2個くらいずつしか減らなかったのに、すごい快挙です。

あんなに欲しがっていたのでメルカリで買った、トイストーリーのギジェットまで「いらない」にされてしまいました(´;ω;`)

でも「動きがキライだからいらない」と明確な理由があったので止めてはいけませんね…

 

こんなにたくさんのおもちゃを手放すことができました!!

 

一気に減らそうとしない。慣れること、判断力を付けることが目標

今回は、ゲームへの関心が強くなって、おもちゃでほとんど遊んでないと本人が自覚していたので、こんなに大量に減らせたんだと思います。

一気に減らそう!と思うとお互いストレスになるので、無理はしないようにしてください。

次女も始めのころは全然減らせませんでした。

「自分で仕分けることに慣れて、判断力をつける」のが目標です。

 

 

子どもが集中できる時間は短い

この仕分けが終わった後に知ったのですが、

子どもの集中力は、

・幼児→「年齢+1分」
・小学校低学年→「10~15分」
・中学生→「30分」

そして、大人の集中力も50分(ピークは15分)くらいなんだそうです。

確かに途中で「やめたい」ムードが出ていたのに「あとちょっとだから!一気にやっちゃおう!」と無茶させてしまいました(反省)。

 

なので小さいお子さんほど、カゴ1、2個から。
本人が嫌にならない時間でスタートしてみましょう。

 

 

親の都合で突然始めるのはNG

突然「おもちゃの見直ししよう!」と言われても子供たちは他のことをしていたり、この後~しようと考えていたりします。

親の都合で突然始めることはNG。

「明日雨で外遊びできないし、最近ゲームの時間が増えて、使ってないおもちゃ多いから、おもちゃのいる・いらないしよう」

「今度誕生日プレゼント買うから、しまう場所作らなきゃ。明日おもちゃのいる・いらないしよう」

などと予告し、子供たちの合意を取っておきましょう。

 

困っているお母さんのお役に立てれば嬉しいです。

  • この記事を書いた人

あらいゆきこ

整理収納アドバイザー/住宅収納スペシャリスト。 間取りとお客様の性格やニーズから、お家まるごと改善を提案する「間取りから片付く仕組みを作る」メソッドが好評を得ている。 新居の収納計画『新居のトリセツ』作成や、新築間取り収納相談なども行っており、相談実績は、200件を超える。

-お片付けのコツ・ススメ, モノの持ち方・手放すこと, 子供の片付け

© 2021 整理収納アドバイザーあらいゆきこ