≪ブログ≫ ◆我が家の収納 ◇間取りや収納の考え方

生活動線から考えた我が家のお仕度コーナー

2019年6月8日

出かけるときに準備がスムーズにできると時短になる!
子供でも自分で準備ができて、ママの負担が減る!
疲れて帰ってきたときに、持ち帰ってきたものがしまいやすければ出しっぱなしにならない!

そんな風にできたらいいですよね。

出かける準備、帰ってきたときの片付けがスムーズにできるようにするためには、生活動線に沿った収納場所がめちゃ大事です!

我が家の事例をご紹介しながら、どこに、どんな風に子供のお仕度コーナーを作れば良いか、書きたいと思います。

我が家のお仕度コーナーは主に4ヶ所あります。

我が家の1階間取り図です。

①~④がお仕度コーナー

 

①玄関すぐの廊下収納

玄関上がってすぐの収納は便利

玄関を上がってすぐの廊下収納は、
・コートなどのアウター類
・習い事バッグ
・帽子、手袋、サングラス、エコバック
・子供のヘルメット
・私と子供のPASMO
・大人のハンカチとポケットティッシュ
などを収納しています。

1番下の棚板を高く上げて、丈夫な突っ張り棒を設置。
ハンガーやS字フックで衣類やバッグ類をかけています。

帽子や手袋などは1人1ボックスを用意し、ポイポイ投げ込み収納できるようにしています。

カード類やハンカチ・ティッシュなどの小物は、引き出しに収納しています。

 

②玄関上がってすぐの廊下壁面

スリム長押 壁面収納

絶対忘れたくないものは隠さない

①の廊下収納は扉で隠れてしまうので、絶対忘れずに持って行きたいものは、常に見える状態の収納がオススメです。

我が家は石膏ボードでも取り付けできる「壁掛けスリム長押」で、
・幼稚園の入園証
・「ちょっとそこまで」の時のバッグ
・長女の登校用帽子
・次女の上履き袋や体操袋(週末~週明け)
などを、かける収納にしています。

(「スリム長押」については、「狭い廊下でもスマートに子供の収納スペースを確保!」の記事もどうぞ♪)

 

③リビング入ってすぐの階段下収納

階段下活用 子供の身支度

幼稚園児次女のお仕度コーナー

幼稚園児、小学校低学年のお子さんは、目の届く所でお支度できると、家事の合間でもママがチェックしてあげられるので便利です。

年中さんの次女は、階段下収納の手前部分に突っ張り棒を設置して制服・制帽をかけたり、扉に貼り付けたフックにリュックなどをかけたりしています。

毎日準備する名札や手拭きタオルも同じところに置いておくと、一ヶ所で支度が終わります♪

帰ってきた時も、リビング入ってすぐのところに定位置があると、早めに片づけるよう意識づけることができます。

 

 

④ダイニングテーブル近くのオープン棚

ランドセルラック カラーボックス 活用

長女の学用品コーナー

リビング学習のお子さんは、勉強するところの近くに学用品コーナーがあると出し入れがスムーズです。

小学校2年生の長女はダイニングテーブルで勉強するので、近くに長女専用コーナーを設け、
・ランドセル
・教科書類と時間割表
・文房具や鉛筆削り
・体操着袋などの週末や長期休暇に持ち帰って来るもの
を収納しています。

学校の準備に必要なモノがここに全て揃っているので、入学してすぐから、ほとんど口出ししなくても身支度ができるようになりました。

カラーボックスなどのオープンラックは、
・ブックエンドやファイルスタンドを使えば本棚に
・箱を入れれば引き出し風に
・突っ張り棒をつければかける収納に
など、いろんな収納方法ができるので、本当に便利です!

 

生活動線から考えてみる

一度お家の間取り図を広げて、
☑出かけるときに、リビングから玄関までの間で、必要なモノを順序良く持ち出すにはどうしたらよいか
☑勉強するところの近くに学用品をしまう場所を確保できないか
を、普段の生活動線から考えてみるといいですよ(^^)

 

お読みいただき、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人

あらいゆきこ

整理収納アドバイザー/住宅収納スペシャリスト。 間取りとお客様の性格やニーズから、お家まるごと改善を提案する「間取りから片付く仕組みを作る」メソッドが好評を得ている。 新居の収納計画『新居のトリセツ』作成や、新築間取り収納相談なども行っており、相談実績は、200件を超える。

-≪ブログ≫, ◆我が家の収納, ◇間取りや収納の考え方

© 2021 整理収納アドバイザーあらいゆきこ