≪ブログ≫ ◆モノの持ち方・手放すこと ◆片付けのコツ・ススメ

衣替えの前にやって欲しいこととボタンの収納方法

2019年3月2日

「そろそろ衣替えかな~」
「春物を買いに行きたいな」
そんな気分ですよね。
私も少しずつ春物を買っていますよ♪

 

お洋服をムダ買いしないコツ

「これかわいい~」と思ってお洋服を買ってみたはいいものの、自宅に帰って衣替えをしてみると、
「あれ、似たようなの去年買ってたわ!」
「新しいお洋服に合うボトムスがない!」
となって、同じような服ばかりになったり、予定外の出費になったり、似合うコーデが作れないままワンシーズン過ぎてしまったり…
なんて経験ありませんか?

そんなムダ買いがなくなる前に1つやっていただきたいことがあります。
それは、「全てのシーズンものを出して写真に撮ること」です!!

 

写真に撮ると見えてくる

畳んだままの状態でも、自分がわかれば大丈夫です。
私は1着1着広げて撮るよりも、全部の服をなるべく1~2枚の写真に収めた方が良いと思います。

ちなみにこれが私の手持ちの春ものです。(アウター撮り忘れた!)

見るといろんな気づきがあります。
「色が暗いな」
「ボーダーかストライプばっかり」
「無地+無地だと寂しいかな」

また、久しぶりに衣装ケースから出すと、
「これ、汚れてるの気づかなかった」
「もう3年着たから結構くたっとしてきたな」
などなど。

 

そうすると、
「これ以上ボーダーはいらないな」
「このパンツの代わりになるものを見つけたら買い替えよう」
「無地の服が多いから、アクセサリーはちょっと大ぶりのがいいかな」
など、次欲しいものリストが出来上がってくるわけです。

また、たまたま「あ、カワイイ!」っていうアイテムを見つけた時も、この1,2枚の写真を見返すと衝動買いを防げたり、手持ちの服とのコーディネートをすぐ考えたりすることができます

お買い物時間の効率化にもつながりますよ。

 

服を手放せない心理

私はこの程度の洋服の数で十分なので、基本的には「買い足し」ではなく「買い替え」です。
新しく気になるアイテムが見つかっても、代わりに減らせるアイテムがない場合は諦めて「今持っている服を気に入っているなら、これ以上は買わずに、次のシーズンでお金を使おう」と思うようにしています。

体は1つしかないのに、例えば春服だけでトップスが20以上あったらワンシーズン1回しか着ない服もあるかもしれない。
来年になったら好みが変わっていて、着ないかもしれない。
それじゃもったいないですよね?
「もう好みじゃないけど、あまり着てないからもったいない」と思うと、なかなか手放すことができずにタンスの肥やしになるわけです。

逆に、その時とても気に入っていて何度も着たら、「これ可愛かったな~。でももう色あせてきたし買い替え時だな。ありがとー」と気持ちよく手放すことができると思います。

するとクローゼットの中は、「今とても気に入っているお洋服ばかり」になるはずです♪

・すべてのお洋服を写真で撮って持ち歩くこと
・持ちすぎず旬なうちにたくさん着る

ということをやって欲しいなと思います。

 

 

お洋服のボタンの管理方法

最後に、お片付けサポートに行くとお部屋のあちこちから出てくる「お洋服のボタン」の簡単な管理方法をご紹介しますね。

小さなプラスチック袋に入れて、「服の持ち主、ショップ名、アイテム名、サイズ」などを油性ペンで書くだけです。

ベルメゾンばっかりね」というツッコミは無しで(笑)
ちびっ子がいると買い物に行く時間が取れないのです!

 

それをクローゼットか裁縫道具の近くにしまっておいてください。

すぐ見つけられますよ。

そして、お洋服を処分する時は、ボタンも一緒にさよならして下さいね。

お読みいただき、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人

あらいゆきこ

整理収納アドバイザー/住宅収納スペシャリスト。 間取りとお客様の性格やニーズから、お家まるごと改善を提案する「間取りから片付く仕組みを作る」メソッドが好評を得ている。 新居の収納計画『新居のトリセツ』作成や、新築間取り収納相談なども行っており、相談実績は、200件を超える。

-≪ブログ≫, ◆モノの持ち方・手放すこと, ◆片付けのコツ・ススメ

© 2021 整理収納アドバイザーあらいゆきこ