≪ブログ≫ ◆子供の片付け ラク家事・時短家事

新学期準備セミナー、本日締め切りです。

2022年3月1日

急に暖かくなってきましたね。

 

長女が花粉症の症状を訴え始めて、昨夜は「鼻水いっぱい出るから、ポケットティッシュじゃない方(箱ティッシュを詰め変えられるケース)持っていく」

と学校の準備をしていました。

 

次女は、「明日は外で体育があるから、ワンピースにするんだー」(冬の期間は、体操着の中にスパッツを履いてもいいので着替えがラク)

と今日の服を選んでいました。

 

 

私の子供の頃と言えば…

毎朝ストーブの前に座って、「お母さーん、今日何着るのー?」と待っていました。(小6までほぼ毎日そうだったような気がします)

 

毎晩寝るのが遅いし、寝起きは悪いし、起きてくるのがやっと。

冬なんか特に、廊下や子供部屋は寒い。

やっとこさ起きてきてストーブの前で至福の時を過ごしているのに、また2階に行って今日の服を取ってこいと言われても動けません!

 

「リビング隣の和室の押し入れに、私の服をしまってくれたら良かったのになー」と、今ならアドバイザー目線で思います(笑)

 

片付けやしくみ作りから生まれる力

「〇〇だから△△する」というのは、論理的な思考です。

 

うちは夫婦とも理系だからか、こういう考え方が大好き。

というか、理論が伴わないと行動しないタイプです。

 

 

私が家を片付け始めた時、「片付けやすいように変えたはずなのに、家族がついてこない」という問題にぶち当たったことがありました。

 

置き場所を変えた理由、モノを減らしてほしい理由が家族に理解されなければ、

「ママが勝手に場所を変えた」

「いるから、捨てないで」

と言われるのです。

 

そこから、夫にも子供にも、「納得して行動してもらうにはどうしたらいいか」を考えるようになりました。

 

子供のしくみやルール作りも、「ママが勝手に作った」と言われてしまっては悲しい(というか腹立つ)ですよね。

 

 

子供の片付けや身支度などのアイデアだけなら、SNSやネット上で調べればたくさん出てきますが、私は子供の成長や性格に合わせて「一緒に考える、考えてもらう」を少しずつ取り入れるよう心がけています。

 

「問題解決能力」や「決断する力」なども、こういう積み重ねで親子ともに身につけることができればと、思っています。

 

明日のはそんなお話もさせていただきますね!

 

(明日のセミナー用に作ったスライドの一部)

 

しくみ作りで親も子もWin-Win!新学期準備セミナー

開催日時:3月2日(水)10~12時

開催場所:オンライン(Zoom)

(参加いただいた方は、復習用に期間限定で録画をご覧いただけます)

※主に幼稚園~小学校低学年くらいのお子さんを対象にした内容ですが、片付けや育児・家事のことに関心がある方ならどなたでも参加可能です!

▼お申し込みはこちらからどうぞ

https://www.reservestock.jp/page/consecutive_events/16968

 

本日23:59までお申し込み可能です。

そういえば明日空いてる!」という方は、ご参加お待ちしています!

 

  • この記事を書いた人

あらいゆきこ

整理収納アドバイザー/住宅収納スペシャリスト。 間取りとお客様の性格やニーズから、お家まるごと改善を提案する「間取りから片付く仕組みを作る」メソッドが好評を得ている。 新居の収納計画『新居のトリセツ』作成や、新築間取り収納相談なども行っており、相談実績は、200件を超える。

-≪ブログ≫, ◆子供の片付け, ラク家事・時短家事

© 2022 イエミカプランニング/整理収納アドバイザー新井友紀子