≪ブログ≫ ◆片付サポート実例

夫婦でお片づけ実例 初回レクチャーでサクサク作業が進みます!

2019年5月14日

先週末は共働き夫婦のお家(マンション)へ、お片付けサポートに行ってきました!

ゴールデンウイーク中に物置として使っていた部屋を子供部屋として使うためにロフトベッドを購入し、それに伴い、リビング続きの洋室と物置部屋の大規模な入れ替えを行ったそうです。

お伺いした時にはすでにベランダに大量の不要になった家具などが置かれており、ご夫婦で頑張ってお片付けを進めていらっしゃいました!

 

ですが、
「収納の効果的な使い方が分からない」
「片付けても効果が長続きせず、何が良くないのかわからない」
ということで、今回ご依頼をいただきました。

 

間取りや普段の生活の様子をお伺いし、【リビング続きの洋室にある大きな押入れ】と【リビング入ってすぐの収納】がお家全体の使いやすさの超重要箇所になると判断し、そこから作業を進めていくことにしました。

 

私は、お片付け作業開始前にヒアリングと今後の作業の進め方や整理収納の大切な考え方についてレクチャーをさせていただいています。

お二人とも真剣に聞いてくださり、その後の作業がとてもスムーズに進みました!

 

ビフォーアフターです↓↓


【押入れ左半分】
押入れの中段にはオフシーズンの布団と来客用布団を。

お布団はとりあえず収まったのですが、夏と冬の寝具の入れ替えが終わった時点でこのスペースがきつくなるようであれば、収納袋などのご提案もしたいと思います。

圧縮袋は出し入れの手間を考えて、よほどスペース確保が厳しいという場合以外は、お勧めしないようにしています。

枕棚にはリネン類やクリスマスなどの季節飾りを収めました。

下段には主にご主人の趣味のものを。

スポーツ関係の趣味を多くお持ちのご主人なので、処分予定だった4段の引き出しを2段抜いて、シューズ類と比較的小さいサイズのバッグを簡単に取り出せるようにしました。

また手前のボックスには、キャッチボール用のグローブやゴルフボールなど、細々した道具を投げ込み収納で簡単に出し入れできるようにしました!

ここのコーナー、ご主人に大変喜んでいただけました(^^)

 

 


【押入れ右半分】
中段の手前が一番使いやすい場所なので、アイロンや古紙入れなどの使用頻度の高いものを、ふすまを開けてすぐのところに置くことにしました。

奥にはアルバム、ミシン、スーツケース、紙袋など。

手前には、古紙入れ、手芸用品、ご主人の思い出ボックス、奥様のお仕事グッズなどを、お手持ちの積み重ねできるボックスにしっかりラベリングをして収納することにしました。

下段はすでにキャンプ用品が整理して入っていましたのでそのままです。

一番出し入れしにくい真ん中部分は、年数回だけ出し入れする扇風機や加湿器など季節家電を置くことにしました。

枕棚にはクリスマスツリーやひな人形、ハロウィンなどの季節飾りを置きました。

 

 


【リビング収納】
今回はリビング収納の3分の1まで着手することができました。

本、お掃除道具、アイロン待ちの衣類、奥様の普段使いのバッグ、もらったお酒、引っ越した時から放置された災害用の飲料水など、色々入っていてかなり使いにくそうな状態でした。

幅が狭くて奥行きが深い収納はマンションに非常に多くて、お困りの方がとても多いです!

なるべく収納を多くしようとして、こういう中途半端な収納ができてしまいます。

でも、ここはリビング入ってすぐの【ゴールデンゾーン】なんですよ!

今回は、棚板を減らして下段にたっぷり高さを取って、掃除機、クイックルワイパー、子供部屋のクローゼットに入っていたゴルフバッグを収めることができました!

一番使いやすい高さには、ゴミ袋、ラップやお掃除道具のストック、荷造り紐やガムテープなど梱包グッズなどを。
(これらは残りのリビング収納やキッチンも整理すれば、場所が変わる可能性があります。)

最上段は、奥には今すぐは使わない奥様のお仕事グッズ、手前には普段使いのバッグを置くことにしました。

背の高い奥様なので、ちょっと使いにくいこのスペースも有効活用できました♪

 

 

10袋以上の不要品が出て、
「いや~、スッキリしたなー」
「ホントこのタイミングでお願いして良かった」
喜んでくださいました!

 

残りのリビング収納キッチンも見直すと、さ・ら・に!使いやすくなりますよ~
引き続きよろしくお願いいたします。

 

 

土日祝でもご訪問可能な日がございますので、ご夫婦で一気にお片付け!はいかがですか?

お読みいただきありがとうございました。

 

過去の整理収納サポート事例はこちらから

間取り・動線・収納診断+お片付けサポートはこちらから

  • この記事を書いた人

あらいゆきこ

整理収納アドバイザー/住宅収納スペシャリスト。 間取りとお客様の性格やニーズから、お家まるごと改善を提案する「間取りから片付く仕組みを作る」メソッドが好評を得ている。 新居の収納計画『新居のトリセツ』作成や、新築間取り収納相談なども行っており、相談実績は、200件を超える。

-≪ブログ≫, ◆片付サポート実例

© 2021 整理収納アドバイザーあらいゆきこ